最新店舗情報です。

85

年末年始 ご注文は承ります。

在庫のある商品は即日発送させていただきます。

在庫ありとなっていましても、

欠品している場合がございます。

その場合は、年明けの発送になります。

1年間のご愛顧ありがとうございました。

来年もご贔屓いただきますよう御願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。

店長 西村
注文いただいたのに、完売ですと、

お知らせするのは、失礼ですので、

在庫確認の、お問い合わせいただければ、

助かります。

宜しくお願いいたします。
敬老の日に、あったかい毛布 ふとん 贈りませんか?

「敬老の日] 国民の祝日のひとつです。

国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定めています。長い間、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちがこめられています。

元々9月15日でしたが、2001年の祝日法改正、いわゆるハッピーマンデー制度の適応によって、2003年からは9月の第3月曜日となりました。
https://www.kyoto-nishikawa.co.jp/mothercamp2015/

応募方法 インターネット・FAX・郵送で応募いただけます。
インターネットから応募される場合は下記の「お申し込みへ」ボタンをクリックし内容を入力の上、送信ください。
FAX・郵送の場合は応募用紙をダウンロードの上、応募ください。
※指定用紙以外でもご応募いただけます。
※郵送は当日消印有効です。
ダウンロードはこちら
京都府京都市中京区油小路通竹屋町下ル橋本町494番地1
(株)ビードリーム内「京都西川 ローズ母の日キャンペーン受付」宛
TEL 075-351-9991(お客様窓口)
FAX 075-256-3717
応募期間 2014年3月27日(金)~5月10日(日)
さすが、含蓄にあるお言葉いただきました。
採点は30点!
西川のカタログショップ、自販機というそうです。
おっしゃるとおり、納得しました。


しかし、三大欲求の一つであるにも関わらず、なぜか「睡眠」に関する本となると…!?
ざっと本屋さんの中を歩き回って探してみましたが「ぐっすり眠れる○○体操」といった書籍が1冊あっただけで、皆無に等しかったです。Amazonや楽天Booksなどで検索すればもう少しはありますが、やはり「食」関連書籍に比べれば百分の一もありません。
これは本屋に限らず…産業界全体で見ても…「食」に属する飲食業や食品、サプリなどはご存知の通り巨大な産業ですね。
また「性」に関する性風俗、アダルト映像業界、出版業界、そして性機能障害や不妊・生殖医療などの医療業界も大きな産業ですね。
ところがその一方で、「睡眠」に関しては…人間の大きな欲求でもありますし、寝ない人間もいません。にも関わらず、「睡眠」「寝ること」への関心や追求のビジネスとなると、布団、枕、ベッドなどのいわゆる寝具業界と、睡眠障害医療(不眠やいびき、無呼吸など)と、敢えて加えるなら寝る場を提供するホテルや旅館業があるくらいで、産業としてもまだまだ未開の領域だと思います。
それすら「ウチの旅館はこんな快適な布団を使っています!」と主張するところはまだまだ稀で、たまに高級ホテルで高級ベッドの寝心地をアピールしているのを目にする程度です。
確かに、「美味しいもの食べに行こう! 今日は何食べたい?」とレストランを探したり、スーパーマーケットで「今日の晩御飯は何作ろうかしら?」とあれこれ考えながら食材や食品を買い回ったり、ネットでお取り寄せしたりすることはしょっちゅうありますが…
「心地良く寝たい! 眠りたい! 今日はどこで寝よう!?」とはなりませんし(^^;)
「何食べた?身体にいいものちゃんと食べてる?」
「○○○は目にいいらしいよ」
「◆◆◆を食べるとお肌がキレイになるんだって!」
などと聞くことはあっても、睡眠に関しては
「よく眠れてる?」「何時(間)に寝たの?」くらいは聞いても、
「どんな布団で寝てる?」
「ベッドの大きさはどのくらい?」
「どんな材質の枕?」
「寝るときの部屋の温度や明るさは?」
といったことなどは、個人の好き嫌いに任せているだけで、「本当に何が良くてその人に適しているのか?」などはあまり会話にものぼりませんし、時間以外はあまり関心もない方が多いのではないでしょうか?
特に若い方は、「疲れてコタツやソファでそのまま寝ちゃった」とか、「とりあえず○時間寝たから大丈夫!」と睡眠の量(時間)は気にしても、睡眠の質(快適さや深さ、リズム)等は無頓着な場合が多いですよね。
私自身も若い頃は、それこそ、徹夜も平気で睡眠時間も少なかったし、とりあえず疲れたら会社の机であろうが床であろうが、家でもリビングでテレビを見ながらそのまま朝まで寝ちゃったなんてしょっちゅうでした。
しかし四十代半ばも過ぎると、そんな寝方をすれば次の日は体中痛かったりだるかったり、熟睡できず頭もぼんやりです。
少しでも気持ちいい布団やマットレス、枕やシーツ、肌掛けに掛け布団と、広いベッドでの快適な眠りの大切さを痛感するようになってしまい、今では出張や旅行など行く際もベッドの大きさを必ず確認しますし、枕も好みと合わない時は別のタイプがないかフロントに聞いてみたり、ない場合はバスタオルなどを巻いて自分好みの高さや柔らかさの枕を作って寝たりします。適度な室温や加湿器も必須ですね!
それでも自宅の寝室・寝具の快適さに比べると、やはり寝心地は良くなく、どこかすっきりしない目覚めになってしまいます。
高齢化社会といわれる日本において、今後ますます「眠り」に関する商品やサービスの産業は重視され、大きなポテンシャルを秘めている可能性のある期待される成長産業であると思います。
───────────────────────────
少し 余談ですが…
私がネットビジネスに関わって以来 18年間、いろいろな方から
「太田さんが0からネットショップをやるなら、どんな業種がいいですか?」
と聞かれることがありますが、いつもこう答えています。
「寝具です!」
なぜならば…
寝ない人はいないし、家にも枕も布団も家族の人数の何倍もある。
お客用もあったり、旅館、ホテルなども含めればこの国だけでも寝具は人口の何倍もある大きな市場。
しかも何年かに一回は必ず買い替えてくれるし、成長や老化、季節や環境の変化などによって買い足し、買い替えもしょっちゅう起こる。
でも一方で「これこそがベスト寝具!」という絶対的スペックや法則もない。
羽毛布団が好きな人もいれば、「羊毛布団やシルク真綿布団じゃないとダメ!」と言う人もいる。
固めのマットレスがいい人、フワフワじゃないとダメな人。
理論的な良し悪しもあるにはあるが、あくまで個人の嗜好、好き嫌いで決まることが多いので、買ってみて合わなくても好みの問題と思ってお店が原因とはなりにくい。
「一度買えば当分要らないのでリピートしにくい商材」と思われがちですが、意外と、「自分が気に入ったので家族にも!」と追加購入したり、「友人や恋人や親戚にもプレゼント!」などもあり得る。
敷布団やマットレス、ベッド、掛け布団、毛布や肌掛け枕、それぞれのカバー類という構成は、有史以来、何千年もの間、素材の進化こそあっても本質的にはそれほどハイテク進化もしていないため特殊な技能や高度な専門知識が必要なビジネスというわけでは(今のところ)ない。
小規模でも何か強みや特徴を持てば参入も容易。小企業でも商品開発さえしやすい。
などなど、かなり魅力的な業種だからです。
ただそれだけに競合も激しく、特徴や強みのないお店はお客様の興味や関心を引き付けられず、閑古鳥が鳴いて淘汰されてしまいますし、商品がかさばるので物流面など小企業にとってのハードルもあります。
さて、前置きが長くなってしまいましたが…(^^;)
今回の寝具店さんはいかがでしょうか?
それでは「ダメ出し!道場」第98弾 スタートです!(^-^)
ダメ出し!依頼ショップ
ベストスリープコム
ショップ名 :
ベストスリープコム
URL : http://bestsleep.ocnk.net/
カテゴリ : 住まい、インテリア

いつも、お世話になっております。
最近 売上が伸びず、悩んでおります。
リステイング広告が有効だと聞きますが、費用もかかり、効果のほうもよくわかりません。
アクセスアップ、集客の効果的な方法、トップページの改善等、アドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

典型的自販機ショップ 専門店・プロショップと言えるのか?
第一印象は寝具メーカー最大手である西川さんの寝具を網羅して載せている典型的自販機型ショップですね。
コツコツとこれだけの商品数を掲載してきた努力は評価しますが、残念ながらカタログの焼き直しで、オンラインショップというよりは西川のオンラインカタログです。
トップページに「当店はどんなお店です。」という挨拶もアピールもないのは、お店としての熱意や意欲が感じられません。
厳しい言い方をすれば、寝具のプロでなくとも西川さんのカタログと取引さえあれば誰でも作れるお店といえます。
ホームページ制作に長けたスタッフや外注を使えば、もっとセンスの良い自販機は容易に作れます。

専門店としてのプロのレコメンドが欲しい!
肝心の寝具専門店のプロとしてのベストスリープコムさんの生のオススメコメントや使用感などは一切なく、お客様はメーカーの説明文とカタログからスキャンされた画質の悪い画像だけで購入の判断をしなければなりません。
そうなると同一商品を価格で他店と比較する以外に、ベストスリープコムさんのアドバンテージは見出せるでしょうか? 同一商品は日本一安いのでしょうか?
もちろん、そんな商売を目指してはおられないでしょう。
西川から仕入れた既製品だけであっても、膨大な商品の中から個々のお客様に最適な一品を選んで提案できるソムリエであること。
オリジナルワインを造れる醸造元ではなくとも、そのお客様の体調や好みに合わせてベストなワインをチョイスし、最適な温度や料理に合った飲み方を提案できることがワインのプロとしてのソムリエですよね。
多くのお客様が寝具専門店に期待するのはその部分ではないでしょうか?
ただ安いワインが欲しければ、ソムリエのいるようなお店ではなく、ディスカウントショップで予算優先で選ぶはずですから。

自販機型ショップに徹するなら本当の意味の検索対策を!
私は何も自販機型ショップが悪いと言っているわけではありません。膨大な商品数、品揃えの中からお客様のニーズに適している商品を便利に検索させたりレコメンド(提案)して目の前に示すことで、自販機型であっても他店と差別化していけることもあります。
最初から「西川のMISSONIの布団カバーのシングルサイズが欲しい!」というお客様よりも例えば…
「シルク真綿100%の肌掛け布団が欲しい」とか、
「カシミアの毛布が欲しい」とか、
「家で洗濯可能な毛布を探している」とか、
「静電気パチパチしない布団を探している」などなど
いろいろなお客様のニーズを検索できるようなキーワードを盛り込んだ説明文で、お店の中での検索だけでなく、GoogleやYahoo!での検索でもヒットするような商品ページ作りがしてあれば、総合的にも集客UPに繋がりますし、実際に商いに繋がります。
単に、検索されたときに上位に表示されるための小手先の検索対策ではなく、お客様が的確な商品に素早くたどり着けるようなキーワードを適切に盛り込んだ商品ページ作りをしていくことが、本当の検索対策です。
メーカーの都合によるブランドでの分類をお客様に押し付けるのではなく、お客様目線で「お客様はどんな選択基準でどう商品探し、商品選びをするのか?」
お客様の思考パターンを意識した商品検索対策(分類やキーワードや商品説明文)をしておかなければダメです。
例)
・子供 布団 洗濯可能 ダニ アレルギー
・シルク 真綿 毛布 洗濯可能
・夏掛け ツルツル ひんやり カバー
・保温 発熱繊維 毛布
・枕 高さ調節
・静電気 起きない 毛布
などなど、私が商品を探すとしたらこんなキーワードで探しますがどうですか? プロとして思い描く商品が確実に表示されましたか?

仕方ない けど お客様に選ばれないのも 仕方ない で良いか?
ざっと見た限り、メーカーさんのカタログスキャンの画像以外に、自店でちゃんと撮影したであろう写真を見つけることができませんでした。
膨大な品数があってすべてを在庫しているわけではないでしょうから、運営する側の立場として「仕方ないよねぇ」というのはわかります。
しかし、お客様はそんな事情は知ったこっちゃありません。
お客様には単に、
「商品写真が小さいし、画質も悪いし、よくわからないお店」として悪い印象とともに、
「よくわからないから買わない。買いたくても買えないお店」となってしまいます。
いわゆる転換率:コンバージョンレートの悪いお店になってしまうということですね。
(転換率とはアクセス人数に対する購入者の数のことで、バッターの打率のようなものです。高いほど質の高い商品ページ、お店ということ)
数百円の枕カバーならともかく、数万円、数十万円の高級布団や毛布をたった1枚の画質の悪い写真とメーカーの用意したスペック説明文だけで「よし、買ってみよう!」となるでしょうか?
せめて「力を入れて売りたい!」と思う商品だけでも、素材の質感のクローズアップ写真を用意するなり、説明用の画像を数点補うなりすると同時に、お店としての使用感やオススメコメントを入れていきましょう!
メーカーの用意した仕様やかしこまった説明文はカタログ仕様ですが、お店の生の声、説明文は売り場でのセールストークに相当します。
お客様の心を動かすセールストークがあってこそ高額品も売れていくのです。

沢山の商品の中から今回はどれにスポットライトを浴びせるのか?
全部で2000点くらいはあるのでしょうか…膨大な商品の中から「好きなように選んでください!」と言っても、お客様もなかなか選びきれませんね。
季節ごとや、ある切り口から特集を組んで、「今回はこの商品たちにスポットライトを浴びせてみよう!」と、フリーページを使って新たな売り場を作り、提案型の販売をするような工夫が専門店なら欲しいですね。
例)
・春の新生活オススメ寝具セット!
・花粉の季節、アレルギー対策・洗える寝具特集!
・とにかく寒いのイヤダ! あったか毛布・敷布特集!
・寝汗知らず! の涼感寝具特集!
などなど…「売り場」を作っていくことが大切ですね。
作った売り場へはトップページにバナー画像を用意してリンクを張りましょう!

リスティング広告も良いが その前にやること山積み!
申し込み文に
「リステイング広告が有効だと聞きますが、費用もかかり、効果の方もよくわかりません」
とありましたが、広告は出せば売れるものでは決してありません。
良い広告を出せば確かにアクセスは増えますが、来て見てガッカリでは悪い店・ダメなお店だとお金を使って宣伝しているようなものです。
まずはお店のクオリティ(質)を上げて、その上で自店の強みをアピールするような内容の広告を制作して出稿しなければ注文には繋がりません。
多くのお店が勘違いしているのはこの点です。
「リスティング広告が有効」なのは、来店したお客様を高い確率で購入に至らせるだけの質と強みがあるからこそなのです。
まずはお店の質を高めてから広告にチャレンジしましょう。
仮に今の貴店でできる広告があるとすれば…
「西川寝具が2000点の品揃え!」
「西川寝具ならなんでも見つかる!」
「西川寝具の総合自販機ショップ!」
そんな感じでしょうか?(^^;)
でも、果たして他店と比べて購入していただけるかは貴店次第になると思います。


総評
冒頭のコラムにも書きましたが、寝具ショップはポテンシャルの大きい魅力的な市場だと思います。単に寝具というグッズの販売だけでなく、睡眠や眠りのプロとして「寝具販売店」ではなく「快適な眠り提供店」となることができれば、将来性はとてもあると思います。
西川だけに特化してその中でトップクラスのお店を目指すのか!?
他のメーカー商品も含めてお店の特徴を持ってオリジナリティを出していくのか?
それはお店の経営戦略や方針ですので、何が正しいかはわかりませんが…
確実に言えることは、お客様にとって「強み」と感じられる特徴のないお店は、いずれ淘汰されていくことは間違いないでしょう。
写真や説明文、見せ方といった基礎的な改善はもとより、お店の強み作りといった本質的な部分について、ぜひ一度ご相談にいらっしゃることをオススメいたします。
新規登録で、500ポイント進呈!

500円の商品なら、タダです?

送料はかかりますが、小さな商品なら、メール便で送らせて頂きます。

西川の人気のブランドタオルギフトセット。

ウエッジウッド、サンダーソン、ミッソーニ,DAKS。

20%割引セール


期間2月20日より3月20日まで。

のし、包装も無料です。


お申し付け下さい。

http://www.nishikawa-living.co.jp/news/pdf/201409breaththermo.pdf

「ブレスサーモ」は、人体から発生する水分を吸収して発熱効果をもたらす保温メカニズムを実現した吸湿発熱素
材として、ミズノ株式会社が開発した素材です。
◎人体から常に出ている水分を吸湿し、発熱する素材『ミズノ ブレスサーモ』
人間の体は、たとえ汗をかいていなくても不感蒸泄(ふかんじょうせつ)と呼
ばれる水分を常に発しています。『ブレスサーモ』はその水分が繊維内に吸湿
される時に生じる熱により発熱効果をもたらすため、衣服内をドライにしながら、
発生した熱により温かい状態を保つことができます。
ブレスサーモ(肌着)の発熱の仕組み(イメージ図)→
ミズノのスポーツウエア開発により生まれた吸湿発熱素材『ブレスサーモ』は、保温性と発熱性の高さから、スポーツ
用途だけではなく、日常生活で使用できるアンダーウエアなどバリエーションを増やしています。このたびの寝具を
はじめとして、今後もさらに一般生活者に向けた商品を展開していきます。
東京西川(西川産業株式会社 では、

独自技術
によって従来にはない“包(くる)まれる”寝心地を追求した、新開発の掛けふとん『東京西川まろやかふとん ふわり~
な』を2014年9月中旬から全国の百貨店や専門店、家具店、量販店にて新発売いたします。
『東京西川まろやかふとん ふわり~な』は、“包(くる)まれるって なんて贅沢”をキーワードに、掛け心地に徹底的にこ
だわった合繊掛けふとんです。これまでの合繊掛けふとんは、弾力性、衛生、値頃感などには優れるものの、肌沿い
の良さ(ドレープ性)に欠け、寝返りを打つと衿元や背中にすき間ができてしまうというデメリットがありました。『東京西
川まろやかふとん ふわり~な』は、当社の独自技術による特殊4層構造で、ふっくらと軽く、しなやかに体にフィットし、
羽毛に負けない保温性を実現しました。さらに、人間工学に基づき、表面(上層)と肌面(下層)で異なるキルティングを
施した新開発の特殊立体キルト“ふわり~®キルト”を採用。肌沿いの良さを高め、寝返りをしても衿元や背中にすき間
ができにくく、体全体をやさしくと包み込みます。また




http://www.nishikawasangyo.co.jp/documents/maroyakafuton_release.pdf